あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

Dolls

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  るみ  (2008/02/07 01:45)

北野武監督の「Dolls」に影響を受け作られました。あゆはこのタイトルと、「感情を押し殺す」という当時の心境を重ね合わせたのだと思います。「人生が刹那の夢」=絶望に在る時永遠を思うあゆは、「人生を永遠の中の一瞬」と考えている様です。その中で何が出来るのか…。やはり歌う事との結論に至る訳ですが、この曲調から尋常で無いものを感じます。同じ散る歌でも、vogueより遥かに深い深淵に居る。途中、激しい衝突音が有ります。これは恐らく、あゆからHALさんへの要望が有った。そこには深い意味が有る筈…。2001年、記録的に絶頂に在ったあゆ。年明けに襲った、「外部からの突然の衝撃」。詳細に書くのは問題かもしれないので控えますが、影響は計り知れないものでした。 Dollsの歌詞カードのあゆは、涙が強調されている。それは大切な者達との仲を引き裂かれた涙。RAINBOWはどちらかと言うと「外に向けた曲」が多い様な印象が有るのですが、それはそうしなければ、全てDollsの様な絶望曲になるからだと思います。

NO.2  記憶喪失  (2010/07/10 23:41)

Rainbowのアルバムが水色で綺麗な感じがしてCDケースを手に持ってマジマジと見たりするのが好きでした。このアルバムは、統一感があって瑞々しい印象を受けました。天女が精霊界へ消えて行く様なOverと遥か昔の日本で幻想的な物語があったかのようなDollsとオルゴールのイントロが切ない現代風の失恋ソングのようなHANABIと煌びやかなクリスマスの聖歌のようなCloth to youと怪しげなメロディのReal meと強さを秘めたWE WISHと…でもDollsが一番好きです。HEAVENも映画の主題歌だったし、これもCDで発売してもいいような気がします。映画の主題歌じゃないけど。オーケストラバージョンとかしてほしいですね。A balladeにも入ってたけどよく聴くとちょっとだけストリングスが違いますね。あんまり解らないけど。日本の和歌のような歌詞が何故か英語のDollsって感じがしますよね。ラテン調のvogueとかMomentsとかまたこういう幻想的な歌を沢山発売してほしいです。

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい