あゆの実

デビュー時のayuが好き 浜崎あゆみファンサイト「あゆの実」

Heartplace

詞や歌などに関する事の掲示板です。

名前
本文 削除用PASS

NO.1  うまうま  (2007/08/17 21:51)

歌声だけで人を魅了できる曲で、あゆの中で最も歌唱力がある曲だと思う。
「あゆなんて歌ヘタクソだ」とか言う人もよくいて、もしかしたらそうではないかと心の隅で疑ってた時期があるのですがその疑いを吹き飛ばしてくれたのがこの曲ですね。
メロディーや、メロディーの組み合わせもいいです。他のCREA曲と比べたら一番いいわけじゃないですけどね・・・

NO.2  るみ  (2007/12/03 01:27)

「ライブ暴言騒動」。それは2002年の曲に少なからず影響を与えている。 Free & Easyもそうだと思いますが、この曲も同様。傷ついた心と、超過密スケジュールと、輝きの代償の左耳…。RAINBOWはそんな中、「納期に追われ、出し尽くして何も無い様な所から絞り出した様なアルバム」とあゆ自身が言っていた記憶が有ります。 「自由を求め傷つき罪犯したりもした」=騒動を自らの罪と思っている。一番の被害者はあゆなのに、「本当に傷ついたのは私じゃなくて、私を信じようとしてくれている人達」などと言い、謝っていた気がします。「いったい僕は何といつまで戦うんだろう」=何かを伝えるどころか、私が逆に混乱を巻き起こしていると思っている(?) そんな中、「すれ違う人の温もりに不意に涙溢れ出す」。優しくされて泣く人というのは、普段は平然とした、実は悲しみの連続の人間…。傷だらけの曲。

NO.3  アルファ45  (2008/10/04 00:10)

実はこの曲、「好きな歌ランキング」に入れたかった曲です。現在、47歳という、おそらくは、このサイトでは最年長である自分にとって、あゆとの音楽的原点を共有できる曲なのかもしれません。あゆはデビュー当時、Led ZeppelinやDeep Purpleの楽曲が好き、とプロフィールに書いていたことは周知の事だと思います。この曲は70年代のロックテイストが充満した曲と感じます。野村義男という、バリバリのハード・ロック・ギター小僧との出会いによって生まれた曲だと勝手に思っています。

NO.4  did'nt  (2012/01/25 18:56)

ハートプレイスなら歌番組で歌ってたけど Real me とかは、歌ってくれないんでしょうか? 此の曲は、正直好きじゃないけどイイでしょう(笑)

削除用 NO PASS 記事のNOとPASSを入れて下さい